食事制限ではない炭水化物ダイエットは低カロリー高タンパクがグッド

人気のダイエット

案内

病気の予防にもなる

低炭水化物ダイエットとは、炭水化物の摂取量を少なくするというダイエット方法のことを指します。しかし、炭水化物を食べなければ良いというわけではありません。低炭水化物ダイエットとは、糖質の多い白米やパン、イモ類、お菓子や清涼飲料水を制限する一方で、野菜やタンパク質は積極的に摂取するようにするというものです。炭水化物は、人の体や脳を働かせるために非常に重要な栄養素であり、無くてはならないものです。しかし、摂取し過ぎてしまい消費されなかった炭水化物は脂肪へと変化してしまい、太りやすくなってしまいます。低炭水化物ダイエットを行うことにより、生活習慣病や糖尿病などを予防することが出来ると期待されています。

食事のバランスが大切

低炭水化物ダイエットを行う上で炭水化物の1日の摂取量の目安を理解する必要があります。これは、年齢や性別、運動量、基礎代謝量などによりことなりますが、総摂取カロリーの5〜7割りと炭水化物から摂取するようにした方が良いと言われています。そのため、1日の炭水化物の摂取目安量としては、1日の総摂取カロリーが200kcalである人で250〜350gと言えます。食物により含まれている炭水化物の量は異なりますので、注意が必要です。炭水化物の摂取量を抑えた分のカロリーはタンパク質や脂質で補うことになりますが、野菜や海藻、きのこ類などビタミンやミネラルなどの栄養をしっかりと摂取することを心掛けた食生活をおくるようにしましょう。